野田の日記 -2006-2011(はじめのほう)それでも僕が書き続ける理由

野田の日記 -2006-2011(はじめのほう)それでも僕が書き続ける理由

2021年3月23日
単行本(ソフトカバー)
304ページ
1,430円(税込)
amazon.co.jpで買う

内容紹介

2006-2011(はじめのほう)

あの幻の作品が書籍となって帰ってきた!
M-1&R-1を制覇したマヂカルラブリー・野田クリスタルの知られざる原点がココに!!
2021年3月23日(火)2冊同時発売!

破天荒芸人・野田クリスタルが見る日常は、こんなにも笑いと悲哀に満ちていた!

ピース又吉直樹 推薦!
みじめで、アホで、天才でした。
笑いながら読みましたが、たまに心配にもなりました。でも結局笑いました。

東野幸治 推薦!
私の中で野田クリスタルは謎だらけ。
この本には野田クリスタルのことが赤裸々に描かれているに違いない!
頼む、本当のお前を教えてくれ!

きわめて真摯に笑いに向き合うごく普通の20代の青年は、
実は、独自の感性で淡々とした日常の中に狂気を見出し、翻弄され、
そして周囲を翻弄する、破天荒芸人だった!

2020年、個人でR-1ぐらんぷり、コンビとしてM-1グランプリの2冠を達成した野田クリスタルが2006年より書き続け、
2015年にはグッズとして限定発売していた「野田の日記」を大幅に加筆修正して書籍化。
さらにM-1&R-1優勝時の書き下ろし日記、野田がこよなく愛するはむはむの成長日記も収録。
コンビ結成と解散を繰り返しピン芸人を経てたどり着いた破天荒芸人の原点。

前の書籍へ

ほりにし やみつきレシピ

次の書籍へ

野田の日記 -2012-2020(あとのほう)それでも僕が書き続ける理由