超ヒマ社会をつくる

超ヒマ社会をつくる

2019年6月29日
単行本(ソフトカバー)
301ページ
定価1500円+税
amazon.co.jpで買う

内容紹介

この本を読めば超ヒマ社会が超忙しくなりそうだ。
AIに全てを任せて、僕はヒマを楽しもうと思った
――――――ロンドンブーツ1号2号 田村淳

ネットが代表するデジタル化、スマホが代表するスマート化、
そしてAIやロボットが代表する技術の大群。
モノが知能を持ち対話するという、これまで人類が足を踏み入れたことのない
超テックのステージが到来する。
超テックは仕事を奪うかもしれない。仕事を奪われても、ぼくらの取り分が変わらなければ超ヒマになる。
どうすればそうなるのか、その時、ぼくたち人間はどうするか―――
人類が直面する問題を新しい切り口で考察する、新時代を楽しむための必読書。

前の書籍へ

プロに訊いたら驚いた! ニッポンどうなん?

次の書籍へ

[日めくり]チコちゃんに“もっと”叱られる