酒と莫迦の日々

酒と莫迦の日々

2018年4月27日
単行本(ソフトカバー)
151ページ
定価1000円+税
amazon.co.jpで買う

内容紹介

「ぼくが酒で莫迦な日々を書き連ねるのは、反省ではない」
生粋の酒好きという高平哲郎による「酒好きの酒好きによる酒好きのための本」。

70~80年代のエンタテインメント界・サブカル界を牽引し、いいともの火付け役でお馴染みの高平哲郎。当時の仲間たちとともに酌み交わした愉快なエピソードを多数収録しています。


<内容>
■サイドボードのナポレオン
■ウォッカの飲み比べ
■シャンパンは飲みきれない
■蕎麦屋の昼酒はたまらない
■焼鳥屋の儀式 など

前の書籍へ

吉本新喜劇のギャグがいっぱい ちくび書きとりドリル

次の書籍へ

落語は素晴らしい - 噺家10年、根多 〈ネタ〉が教えてくれた人生の教え -